危険なスズメバチを退治するなら蜂駆除業者に依頼しよう

蜂駆除業者に相談してみましょう

こんな特徴はスズメバチの可能性大

自宅で大きめの蜂に遭遇してしまった場合、それは危険なスズメバチの可能性が高いです。スズメバチの特徴を見た目でいうと、ミツバチと比べて体が大きいところです。スズメバチの中で小さいサイズのキイロスズメバチでも18mm〜25mmほどの大きさがあり、最大のオオスズメバチにだと27mm〜40mmほどの大きさがあります。これは働き蜂の体の大きさで、女王蜂はそれよりも1.2倍ほどの大きさになります。スズメバチの色は黄色と黒で、尻尾の部分は縞模様になっています。

スズメバチの習性と危険性について知る

蜂に刺されると、基本的には刺された部分が痛み腫れあがります。その時の症状の度合いは、刺された人の体調や蜂の種類によって変わります。刺された部分は数時間にわたり腫れて痛みが続きます。腫れが最大になると痛みからかゆみに変わりますが、そこから完全に治るまでには数日かかってしまいます。中には刺された部分が完全に治らない人や壊死してしまう人もいるので刺されたときはすぐに病院へ行きましょう。アレルギーによるアナフィラキシーショックは、二度目に刺されたときに多く発症してしまう症状です。

スズメバチに刺されたらどうなる

スズメバチが家の中に入ってきたときは、冷静に対応することは難しいです。虫が入ってきたと気づいても、蜂と分からずに手で降り払った場合には、刺されてしまう危険があります。蜂が家の中に入ってきた際には、安全に蜂退治が出来るように業者に相談しましょう。 "

アレルギー反応を起こします(専門家)

慣れていない人が部屋の中に入ってきた蜂を退治しようとすると、間違ったやり方をしてしまいかえって刺されてしまう可能性があります。刺されるとアナフィラキシーショックを引き起こしてしまい、命の危険に関わることもあります。蜂が部屋の中に入ってきたときは、すぐに業者に駆除を依頼した上で刺された時の対処法を熟知しておきましょう。 "

TOPボタン