スズメバチを退治する前に刺されたら~蜂に刺されたときの対処法~

蜂駆除業者に相談してみましょう

自分で蜂退治をして刺されたときの応急手当て

刺されたところを手当てする

患部を洗い流す

蜂に刺されてしまった場合はすぐに毒の成分を出す必要があります。毒を吸い出すための「ポイズンリムーバー」があると良いのですが、なければ刺された個所の周りをつまんで血を出すようにして流水で流します。蜂がいそうな場所に行くときにはポイズンリムーバーを持っておくと便利です。

薬を塗って冷やす

十分に毒の成分が出すことが出来たら、虫刺され時に使用する薬を塗ります。ステロイド系の軟膏があればかゆみを緩和させたり、炎症を抑えたりすることが出来ます。その他にも、アレルギー反応を抑える効果があります。薬を塗った後は刺された個所を冷やします。

医療機関に行く

毒成分を出し、薬を塗って冷やす応急処置が終われば、すぐに医療機関へ行き治療してもらってください。蜂に刺された場合の適切な医療機関は、皮膚科になります。早めに治療を受けるためにも、近くの病院で医師に診断してもらいましょう。

蜂退治でスズメバチに狙われない~正しい知識を身につけよう~

気をつけるポイント

黒いものを身につけない
蜂は、黒いものに攻撃をする習性があります。そのため、蜂がいそうな場所に行くときには、黒い服装は危険です。白っぽいものを身に付けて、髪の色が暗めの人は髪の毛を隠すように白い帽子やタオルを巻くことで襲われにくくなります。
香水や柔軟剤などの匂い
蜂は、匂いに誘われて寄ってくることもあります。人間が付ける香水や整髪料、化粧品、柔軟剤などにも引き寄せられます。そのため蜂がいそうな場所やアウトドアをする際には、匂いがするものを使用しないようにしましょう。
光るものはつけない
蜂は、匂いだけではなく光る物にも寄ってきます。光るアクセサリーや腕時計、ブレスレット、指輪などを付けていると蜂に狙われやすくなるため注意しましょう。蜂がいる場所では、アクセサリーなどを身に付けないようにしましょう。

TOPボタン